公開履歴

最近セックスをしていない、またはセックス未経験であるのに、なぜか陰部がムズムズしたりかゆみが出たりする、という経験をした女性は意外と多いのではないでしょうか。
陰部にかゆみなどの症状が出るということは性感染症にかかっている可能性が高くなりますが、中には「セックスをしていないのに性感染症にかかるというのはおかしい!」と思っている人もいると思います。
しかし、性感染症の種類によっては、セックスをしていなくても発症する場合があるのです。
特に女性に多いのが、「膣カンジダ」です。
では、なぜ性交渉をしていないにも関わらず膣カンジダを発症するのでしょうか。
ここでは、膣カンジダとはどのような病気なのかを知るため、膣カンジダの症状と原因などについて知識として把握しておきましょう。

カンジダは女性がかかることがほとんどです

膣カンジダとは、性器カンジダ症の一種で女性が発症する性器の病気です。
性器カンジダ症は口腔カンジダ症と共にカンジダ症の種類の1つで、カンジダ属菌と呼ばれる真菌が原因で発症します。
カンジダ属菌は、元々女性の膣内や腸内などに住み着いている常在菌で、健康な人の体内ではおとなしくしていて害を及ぼすことはありません。
それは、健康な人は真菌に対する免疫力や抵抗力が高いため、カンジダ属菌が好き勝手に活動することはできません。

しかし、何らかの原因で免疫力が低下し、真菌に対する抵抗力が低下してしまうと、カンジダ属菌の動きが活発になり増殖を始めます。
カンジダ属菌は、皮膚や角質内止まり真皮までは侵入しない表在性真菌です。
そのため、増殖することで患部がどんどんと広がっていきます。
これによって炎症が起き、膣カンジダを発症するのです。

人間の免疫力は、整った生活習慣を送り、きちんと疲れを取り、健康体でいることにより自然と向上する仕組みになっています。
そのため、乱れた生活習慣を送っていたり、疲れやストレスが溜まった状態が続くと免疫力は低下してしまいます。
すると、体内に潜んでいカンジダ属菌が活動し始め、炎症を起こすのです。
また、細菌感染症を引き起こした場合に処方される抗生物質でも、膣カンジダになる場合があります。
それは、細菌感染症の治療では、体内に侵入した細菌を完全に死滅させるため抗生物質がつかわれます。
そのため、場合によっては、性器の状態を正常に保つ役割を果たしている善玉常在菌までも、死滅させてしまう可能性があるからです。

善玉常在菌が死滅してしまうと、真菌などが異常増殖をはじめてしまい膣カンジダなどの性器の病気を発症してしまう場合もあります。
生理前の黄体期や、妊娠中、ピルを服用している女性は、膣内に存在する善玉菌の乳酸菌が活発になり、酸性の粘膜で保護された状態となっています。
そのため、比較的抵抗力がある状態ですが、疲れやストレス、生活習慣の乱れなどの影響は受けやすくなります。
これらの条件が整ってしまうと免疫力が低下するだけでなく、乳酸菌の活動も低下して抵抗力も下がってしまい、膣カンジダを発症しやすくなります。

男性も発病する性器カンジダについて

性器カンジダ症は、女性だけでなく男性も発症する病気ですが、男性の発症率は包茎の人以外はとても低いです。
それは、男性器と女性器の構造の違いにあります。
男性器は、体外から露出する構造となっていて通気も良いので、湿気を好む細菌類は住むことができず菌が増殖できないため炎症を起こすことが少ないのです。
また、たとえ感染して発症したとしても、自覚症状がほとんど無いため発症したことに気付かない人もいます。
一方、女性の性器は体内にあり、常に粘膜によって保護された状態になっています。
そのため、通気の悪い衣類や下着を着用したり、下着をかえずに不衛生な状態にしていると、陰部が必要以上に蒸れてしまいます。
蒸れた状態に体温がプラスされることで、菌の増殖に必要が条件が整ってしまい、膣カンジダを発症してしまうことがあります。

性感染症の一種である性器カンジダ症は、セックスによってパートナーからうつされることもあります。
男性の発症率は女性よりも低いですが、不特定多数の男性とセックスをしている人は、よりうつされる確率は高くなります。
この病気の場合、男性から女性へ感染することがありますが、女性から男性へ感染する可能性は低いです。
このように、性交渉による発症よりも、カンジダは性行為以外でも感染する発症ケースの方が多いため、セックスを最近していない人やセックス未経験の人なども、疲れやストレス、生活習慣が乱れたりすると発症しやすくなるのです。
更に、男性はほとんどかかることがなく、患者の大半は女性です。
ということは、女性であればだれでもかかる可能性があるということでもあります。

カンジダはどのように発症する?

カンジダは、女性が発症する性感染症の中でもポピュラーな病気で、女性の3人に1人はこの名前や症状を知っていると言われています。
発症原因の約9割は自己感染によるとされていますが、ではどのように自己感染するのでしょうか。
カンジダはカビの一種であり、体内にも存在する常在菌です。
膣内には、乳酸菌などの善玉菌が様々な細菌などの侵入を阻止しています。
しかし、疲れやストレスを溜めたり、乱れた生活習慣を送っていると、新陳代謝が悪くなるほか自律神経のバランスも崩れがちになります。
すると、免疫力が低下して病気にかかりやすい体へと変わってしまいます。

免疫力が低下すると、膣内の環境が悪くなり善玉菌の活動が低下してしまいます。
すると今度はカンジダ属菌が活発に動き始め、増殖を始めてしまうのです。
膣内には、乳酸菌などの善玉菌、真菌類などの悪玉菌の他に、環境によって善玉菌にも悪玉菌にも変化することができる日和見菌が存在しています。
免疫力が低下して悪玉菌が増えることで、日和見菌も悪玉菌へと変化してしまい一気に増殖してし、膣カンジダを発症してしまうのです。

性器カンジダの発生箇所について

性器カンジダ症の発症箇所としては、男性は亀頭部分とごく稀に尿道部分で発症します。
主な症状は、亀頭部分のかゆみ・赤くなって白いカスが出る・小さな水ぶくれなどで、尿道部分では尿道炎になることも稀にあります。
男性の場合、包茎の人や糖尿病を患っている人、ステロイド剤などの免疫医抑制作用を持つ製剤を使用している人などは、これらが原因となって発症することもあります。
女性の発症箇所は、膣と外陰部に発症することが多く、同時に症状が出る外陰膣カンジダ症を発症するケースが多いです。

カンジダの症状について

主な症状としては、以下の症状があります。

  • 外陰部や膣のかゆみ
  • ヨーグルトのようなおりものの増加
  • 排尿障害
  • 性器の強いほてりと痛みなどの炎症
  • 性交痛

女性の場合、男性よりも症状が強く出る場合が多く、外陰部や膣では強いかゆみを伴います。
特に、外陰部や膣に強いかゆみを感じたり、おりものがヨーグルト状、または酒粕状になり、過剰に分泌されるようになった場合には注意が必要です。
それでも放置してしまうと、症状が進行して性器に焼けるような熱さ(灼熱感)や痛みを感じるようになってしまいます。
こうなると日常生活にも支障が出てくるため、いつもと違和感を感じた際には、早め医療機関で診察を受けるようにしましょう。

カンジダの検査について

膣カンジダにかかった場合には、婦人科を受診します。
婦人科では、膣カンジダが疑われる場合には、まずカンジダ菌の増殖がみられるかを検査します。
そして、菌の増殖が確認された後に適切な処置を行っていきます。
一般的な治療法としては、以下の流れで治療が行われます。

  • 膣内の洗浄
  • 膣内に錠剤を投与
  • 外陰部に軟膏を塗布
膣内の洗浄
女性の場合では、数日間通院して洗浄を行うのが一般的です。
錠剤投与
イミダゾール系抗真菌剤の錠剤を、膣内に投与します。使用する種類は、クリニックにより異なります。
軟膏塗布
イミダゾール系抗真菌剤の軟膏を、外陰部に塗布します。使用する種類は、クリニックにより異なります。

男性の場合、症状に気付かないことも多いため、医療機関で治療するケースはほとんどありませんが、医療機関で処置をする場合には、軟膏やクリームなどを患部に塗布する程度となります。
女性の場合には、しっかりと膣内を洗浄するため、数日間の治療が必要となります。
かゆみが無くなって、おりものがいつもの状態に戻り、医師から問題なしと言われれば治療を終了することができます。
性器カンジダ症は、それほど頻繁ではありませんが、再発を繰り返す場合もあります。
性交渉以外での発症が多いため、ストレスや疲れを溜めやすい人、生活習慣が乱れている人などはなるべく健康体に戻すように心掛けましょう。
また、女性は蒸れによる発症も多いため、締め付け力の強い下着やジーンズなどを避け、通気の良いものを身に付けるようにしましょう。

男性はカンジダの感染に気づかないことが多い

圧倒的に女性の発症が多い性器カンジダですが、男性にも感染する病気です。
特に、男性の場合では、女性のような強い自覚症状が無い場合が多いため、感染していてもそれに気付かない人も多いです。
自覚症状が無い、もしくは症状があっても軽度などの理由でそのままにしていると、二次感染を引き起こす可能性があります。
男性のカンジダは、治療をしなくても自然に治癒するケースも多いですが、症状が出た場合には進行するにつれて炎症が強くなることがあり、そうなると治りにくくなるという特徴があります。
また、適切な治療を怠ることで二次感染につながる危険性もあるため、注意が必要です。

男性の性器カンジダの発症率は女性に比べて非常に低いですが、これは性器の構造の違いが大きく関係しています。
男性の場合は、性器である陰茎が人体の外に付いています。
そのため、風通しが良く蒸れが少ないです。
高温多湿を好む細菌類は、乾燥している男性の性器では中々増殖することが難しいため、たとえカンジダ菌に感染しても症状が軽くて済むわけです。
自覚症状が出た場合には、主に亀頭や包皮のかゆみや違和感、赤い発疹や白いカスのようなものが現れます。
我慢できる程度のかゆみだからと放置すると、かゆみが増して炎症が強くなります。

包茎の人はカンジダの発症率が高まる

包茎の人の場合、亀頭が包皮で覆われることで亀頭部分が蒸れやすく、汚れなども溜まりやすくなります。
そのため、包茎の人は包茎でない人に比べて性器カンジダの発症率がアップします。
また、再発を繰り返しやすいため、完治するまでに時間が掛かる場合もあります。
再発を繰り返していると、二次感染への可能性も高くなります。
特に亀頭部分にカンジダ菌が感染することで、亀頭包皮炎を引き起こす可能性が高くなります。

亀頭包皮炎とは

亀頭包皮炎になると、患部が赤くなりただれる場合があります。
それに伴い、軽い痛みやかゆみなどが起こります。
女性の膣カンジダのように患部を洗浄しても症状は改善されず、どんどんと悪化してい行くことがほとんどです。
かゆみによって亀頭部分を傷付けてしまうと、カビの一種であるカンジダ菌はその傷の奥にまで根を張って止まり続けます。
早めに治療を行わないと、根はどんどんと深く張っていき、完治までの期間が長引いてします。

亀頭包皮炎の治療としては、カンジダ菌が原因である場合には、抗真菌剤の軟膏やクリームを塗布します。
そして、患部を清潔に保つことが大切です。
しかし、清潔にしなければと石けんで患部をゴシゴシと洗うのは避けなければなりません。
石けんを使って患部を洗うと、カンジダ菌ばかりでなく、陰部の環境を整えている善玉菌までを死滅させてしまう可能性があり、菌を増殖させる危険性があるからです。
また、患部をゴシゴシと洗うことで皮膚を傷付けてしまい、そこからカンジダ菌が根を張ってしまう可能性があります。
洗浄する際には、なるべく石けんを使わずに陰部をお湯洗いするのが好ましいです。
どうしても石けんを使って洗いたい場合は、赤ちゃん用など低刺激石けんを使用し、やさしく洗うようにしましょう。

男性も女性と同様に、疲れやストレス、乱れた生活習慣などによって免疫力が低下することで、性器カンジダを発症しやすくなります。
免疫力が低下していると、病気にかかりやすいだけでなく完治に時間が掛かったり、再発を繰り返す要因にもなります。
そのため、今までの日常生活を見直すことが完治を早めるポイントとなります。
疲れやストレスは次の日に持ち越さないよう、適度にストレス発散をしたり、いつもよりも早く寝るようにしましょう。
また、バランスの良い食事や適度な運動は、体内の新陳代謝を高めて免疫力をアップさせてくれるので、毎日続けるようにしましょう。
そして何より、性器がいつもと違うと気付いたら、恥ずかしいと思わずに早めに医療機関を訪れて医師の診断を受けましょう。
男性の場合は、泌尿器科で治療してくれます。
または、性病に感染した時に備えてネットで治療薬を注文して自宅に保管しておくのも良いでしょう。
おすすめの医薬品を取り扱っていて信頼できるサイトとしては「あんしん通販マート」が評判がよいです。
性病は軽い症状であっても放置しておくと、重い病気や女性の場合ですと妊娠できなくなることがあるので注意してください。

記事一覧

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスを病原体とする性感染症です。 尖圭の「尖」と言うのは、先が...

数ある性病の中でも発症率が高いとされているのがクラミジアです。 クラミジアは患者数が最も多い性病と言...

膣カンジダはカンジダ属に分類されている真菌に感染することで起こります。 カンジダは普段悪さをしない常...

膣カンジダは女性であればその多くが経験する可能性が高いとされています。 これは膣カンジダの原因である...

膣カンジダを治療する場合には、適切な治療を受けることが大切です。 放っておくと、性行為をした際に相手...

カンジダは本来、体の中に存在しているカビの一種、真菌です。 ですから、皮膚や膣内にカンジダ菌がいたと...

カンジダ菌というのはもとから膣や皮膚、口などにいる菌で真菌の一つです。 健康な時は全く問題はなく、何...

カンジダ菌が膣に感染して炎症を起こすものが膣カンジダです。 カンジダ菌は日和見菌で誰の体の中にも常在...

膣カンジダは一度かかるとしばしば繰り返します。 そのため自分できちんと予防をしていくことが重要です。...